<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
to be, or not to be
コーヒーのはなしをする場所として、ブログ内にこのカテゴリがあるのですが
なんと1年半も書いていなかったと気付きました。
自分なりに考え方の変化はあったのですが、まだ途上という感があったかも。

2013年の初めに、続けて食の専門誌にご紹介いただきました。
また6月に載せていただいたGINZAでは、小さいけれどおいしい店のひとつに
選んでいただきました。
「いまどきのコーヒーショップ」とは認知されていないけれど、
きちんとした取材をしてくださるこれらの雑誌にご紹介いただけたことは
なんとありがたいことか!と嬉しくなりました。
実際に通販のご注文も増え、あぁ、これからも頑張っていこう!と思えた出来事でした。

そして、5月には念願のNYへ!コーヒー三昧の旅をしてきました。
シアトル系ではない、アメリカの今のコーヒーに触れることが出来ました。
ここ数年、日本のコーヒー界の主要な指針となった
スペシャリティコーヒーの流れはアメリカからやってきたもの。
当店でもスペシャリティコーヒーを扱いつつ、セミナーやトレーニングに参加する中で
「じゃあ今、アメリカでおいしいと思われてるコーヒーってどんな味なのか?」を
実際に味わってみたいと思っていたのです。

旅の一番の収穫は、アメリカにおけるコーヒーが、ただかっこいいだけではなく
人々の生活に密着し、当たり前に飲まれているものだと感じたことです。
日本やヨーロッパの風景の中にあるスターバックスなどのコーヒーショップは
いかにも「新しいトレンド」という輝きを放っています。
ですが、ブルックリンでマニアックにおいしいコーヒーを追求するGimme!や、
独特の世界観を表現するStumptownは、確かにかっこいいけれど
今風とか流行と関係なく、ただその店らしくあり、気負い無く見えたのです。
そして、そここそが一番私が「かっこいい」と思った点なのでした。

日本に帰ってからこの1年、東京にはコーヒーショップがさらに増えました。
すでに成功している店の2号店(ロースターとしても含め)や、
キャップにスケボーのお兄さんが似合いそうなコーヒースタンドなどなど。
コーヒーを入れるマシンにもこだわって、豆も珍しいものをそろえて。
はぁ、かっこいいよね、ワクワクするよね・・・というお店ばかり。
かっこいいだけでなくちゃんと勉強もしてるし、文句のつけようもない。
古い建物を自分達で改装した、リノベーション系カフェ(うちみたいな?)は過去のものか。
景気が良くなったのか、お金のある人たちがコーヒー業界に乗り込んできたのか。
うん、いいんじゃないかな。清潔で、さわやかで。イケメン店員も多いし・・・
これがこの頃言われている、「サードウェイブ系」コーヒー店なのだろう。

確かにそれらの店はかっこいいけれど、うちがそれを目指すか?というと違う気がする。
ならば、どんな店を目指すのか???
なんだかそんなことばかり考えていたこの1年だった気がします。
うちらしさってなんだろう、何が私の思うかっこよさだろう。

最初に思ったのは、自分の周りの小さなコミュニティを大切にしようということ。
それこそが、うちの店らしさに繋がるのではないだろうかと。
ものづくりをしている仲間達と、共に仕事をしていくこと。
仕事を通じて、また共感できる人々と出会うこと。
その積み重ねが、お客様にとっても、仲間と自分にとっても
魅力ある心地よい店作りに繋がるだろう。
だから、普段の仕事と同じくらいのエネルギーで
「季節のコーヒー」をテーマに小さな挑戦を続けることにしました。

そしてこの頃思うのは、個性とかオリジナリティというものは、
時代や流行を見ていて出てくるものじゃないということ。
1人で黙々と、自分が良いと思えるものと向き合っていくと、
自ずと周りとは違う特徴が際立ってくる、それが個性なんだと。
「うちらしさ」なんて、作ろうとして作れるものじゃないし、
作らなくても必ずあるものなんだと。
手っ取り早く目立とうとするから、きらきら輝くものを欲しくなるけれど、
いつでも流行最先端の、オープンしたての店でいる方法なんてない。
10年経ってるけど、なんだかいいね。古くないね、という店になるために。
すぐにはたどり着けないものを目指して、日々を重ねていくしかないのだろう。

先日、とあるWebマガジンで当店を
「サードウェイブ系コーヒーショップ」としてご紹介いただきました。
果たして、当店はサードウェイブ系なのかどうか。
調べてみたところ、サードウェイブの定義のひとつには
非チェーン店系の、おいしさを追求する小さな店というものもあるような。
一杯のコーヒーに、どこまでおいしさ、豊かさを詰め込めるか。
堅苦しくない、マニアックでないことも含めて、当店らしいコーヒーを目指していくこと。
それもひとつの「新しい波」として、認めてもらえたのなら嬉しいです。
[PR]
by cafe_caraway | 2014-06-13 16:17 | coffeehour



coffee caraway     目黒区上目黒5-32-4  水~土曜、13~18時営業 http://c-caraway.com/
by cafe_caraway
カテゴリ
全体
はじめに
coffeehour
つれづれ
HOLGA
目黒川の桜 2008
カフェの蚤の市2007
Walk Around England
A Trip To Amami
Chianmai, THAILAND
crafthour
3 min. a day
以前の記事
2017年 08月
2014年 06月
2014年 01月
more...
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧