私が写真を撮る理由。
最近、いまさらHolgaを始めて夢中になっているわけですが、
身の回りのものはかなり撮ったので、なにか被写体を探して
出かけようか、と思ったりもします。
その時、自分で思ったことは、
「まず自分にとって魅力的なものでなければ」ということ。
ただの一本の道でも、自分の生まれ育った土地だとか
なにがしかの思い入れがあってこそ、シャッターが切れるのだと。
そういう場所を求めて、歩いてみようかな・・とか。

今日、母と会う約束をしていて、家を出る前に考えたこと。
「私は母を失ったら、ショックを受けるのだろうか?」
あるところで
“ひとりっ子は兄弟のいる人より、親を失うと受ける衝撃が大きいらしい”
などと聞いて、ひとりっ子だからということは無いと
その時は強く反論したのだけど、果たして自分はどうなのだろうかと・・。
今も、時々しか会わぬ母について。複雑な思いを抱く対象について。

食事をし、あちこち歩き、とあるビルの化粧室に二人して入る。
とても美しいデザインの化粧室は、ホテルの一室のようだ。
合わせ鏡の中、立ち話をする親子の画に「あ、写真を撮りたい」と感じた。
さらに正確に言えば、その化粧室に入っていく母の後姿を見た時点で
「ここで写真を撮ろう」と決めていたのだ。
交わす会話など上の空で、構図を考えていた私。

夜、ベッドに横たわって本を読みながら、ふと気づく。
そうだ、あの時フラッシュを焚いていないかった・・!
自動で明るさを調整してくれるデジタルカメラとの違いを
分かっているはずなのに、やってしまった失策。
でも、とにかくシャッターを切りたかった自分。

おそらく何も写っていないフィルムには、幻の最高の一枚が写っているはずだ。
何枚も何枚も、私の失敗を焼き付けている写真店の人には心から申し訳なく思う。
無駄なことをさせて、ごめんなさい。
でも、そこには何かの意味がある。


(後日追記;数枚、写ったものがありました。帽子を被った母。)f0082011_12381715.jpg
[PR]
by cafe_caraway | 2007-09-20 22:57 | HOLGA
<< 駒沢通り、発展中。 答えが出ました。 >>



coffee caraway     目黒区上目黒5-32-4  水~土曜、13~18時営業 http://c-caraway.com/
by cafe_caraway
カテゴリ
全体
はじめに
coffeehour
つれづれ
HOLGA
目黒川の桜 2008
カフェの蚤の市2007
Walk Around England
A Trip To Amami
Chianmai, THAILAND
crafthour
3 min. a day
以前の記事
2017年 08月
2014年 06月
2014年 01月
more...
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧