おいしさの基準
・・なんていうと、難しそうなんですけど。

多分、「食べ残さない、飲み残さないもの」ではないかと。
朝コーヒーを入れて、マグをPCの脇において。
メールチェックしたり、ふと思い立って席を立ったり。
そんな繰り返しの中、あともう一口飲もう・・と思ったら
「あ、もうない。」マグが空っぽだったりする。
おなかが空いてなくても、喉が渇いてなくても。
あれよという間に頂いてしまうもの。
それが私にとってはおいしいってことなんです。

数人で食事をしていて、あるいは2人で。
会話に夢中というほどでなく、そこそこ食事を楽しんでる時に
「あれ、もうない。」お皿の上には、付け合せのレタスしかない、とか。
時々コーヒーや、ワインなどのイベントに参加して
あれやこれやとテーブルに並べて飲み比べた時に、
「どれがおいしいんだろう?」と思ったら。
空になってたグラスが、正解。

だからあまりこってりしたものとか、ただ珍しいとかいうものは
頭では「これはおいしいものだ」と思ったとしても、
後日ふと「おいしかったなぁ」と思い出すものになるとは限らない。
1度食べたら満足と思ったり、次から次へと同じものを探し歩く時には
本当においしいものに出会えてないってことなんじゃないかな。
それか、探しているのは「おいしいもの」じゃ、ないのかも。
だって自分にとって本物に出会えたら、もう探す気がなくなってしまうから。

何がおいしいと思うか。日によって、体調によって違うけれど
結局はシンプルで、本質的なものになるんじゃないだろうか。
そして夢中でほうばって、ごくごくと飲んでしまうもの。
それが私の考える「おいしさ」なのです。


→これから敷衍して、不用品の選別について。
 私はどちらかというと物を捨てられない性格なのです。
 例えば洋服だったら、買ったけれど気に入らないものも
 「いつか着るかも」とか「新しいのにもったいない」と何年も保管してしまうのです。
 でも、着ないのには理由がある。It's not my taste,私にとっては
 「おいしい」=本質的に求めるものじゃないって事なんですよね。
 近頃整理整頓ブームなので、「着ないものは要らない!」とどんどん捨てています。
 それはそれで、快感だったりもするのです。自分の環境が整備される喜び・・!


 ☆良かったらクリックをお願いします☆→
[PR]
by cafe_caraway | 2008-10-20 13:10 | coffeehour
<< 小さなご報告。 この一週間。 >>



coffee caraway     目黒区上目黒5-32-4  水~土曜、13~18時営業 http://c-caraway.com/
by cafe_caraway
カテゴリ
全体
はじめに
coffeehour
つれづれ
HOLGA
目黒川の桜 2008
カフェの蚤の市2007
Walk Around England
A Trip To Amami
Chianmai, THAILAND
crafthour
3 min. a day
以前の記事
2017年 08月
2014年 06月
2014年 01月
more...
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧